■プロフィール

Obunishi.Jr.H.S

Author:Obunishi.Jr.H.S
田園風景の広がるのどかな場所にある学校です。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスカウンター

■リンク
■検索フォーム

3月12日 今日の給食(第190回)
麦ご飯,牛乳,ビビンバ(肉・卵そぼろ ナムル たれ),汁ビーフン,ヨーグルト でした。



給食 | 13:04:22
パレット幼稚園の園児と交流しました 2
2年生の生徒たちも今日の日を大変楽しみにしていました。

P3110028.jpg

P3110020.jpg

P3110061.jpg

P3110033.jpg

P3110072.jpg

この園児たちも何年かすると,中学生として西中の門をくぐる日が来るのですね。

P3117776.jpg


授業 | 17:50:39
パレット幼稚園の園児と交流しました
かわいい園児たちが来校しました。
お兄さん,お姉さんとのお遊びが楽しみです。


P3110002.jpg

P3110007.jpg

P3110006.jpg


授業 | 17:45:22
3月11日 今日の給食(第189回)
スライスパン,牛乳,サーモンフライ,ミネストローネ,ポテトサラダ,卓上マヨネーズ でした。



給食 | 13:03:40
東日本大震災の犠牲者を追悼しました
DSCN9864.jpg

今朝,臨時の全校集会を開き,犠牲者の追悼をしました。
下の記事は,昨年の集会で話した講話です。その内容を再度掲載しました。


絶望と希望の間

 もう一年早く生まれていたら,あと一年遅く生まれていたら,きっと就職できていたのに。
 もう一分早く家を出ていたら,あと一分そこに留まっていたら,きっと助かった命なのに。

 家族の安否を確かめたあと,避難誘導のために町へ下りていったきり帰らぬ人となった大切なお父さん。人の命を助けるために自分の命を捧げたお父さん。そんなお父さんの最後を前にして今後の生き方を決めた中学生の娘。
 お腹に自分たちの子を宿した身重の妻と入籍した日に被災し,妻とお腹の子ども残して帰らぬ人となった夫。7月に生まれた孫の成長が生きる希望となった母。

 人々の運命を翻弄(ほんろう)した津波。受け入れがたい運命をこれがお前の運命だと天から押しつけられた運命。絶望の淵に立たされた人々が,その絶望の中で,生かされた命,残された仲間と一筋の希望を見いだし,与えられた新しい運命を切り拓こうと懸命に頑張る人々。
 厳しい自然の脅威を前にして,必死に助け合い懸命に生きようとする日本人。
 厳しさにさらされるからこそ生まれる,日本人の助け合いの精神。日本人の優しさ。日本人の不屈の精神を見ました。
 今,被災地では,新しい町づくりが始まっています。一方,福島第一原子力発電所では,廃炉まで40年もの年月が必要とされているそうです。復興はまだ始まったばかりです。私たちにとって決して他人事ではありません。絶望と希望の間には,多くの人々の支えがあると言うことを忘れてはならないと思います。


スナップ | 10:38:14
名残り惜しいですね


常任委員会の方々と記念写真を撮りました。

PTA活動 | 10:59:21
25年度のPTA活動が始まります
現新の役員の皆さんです。
真ん中は,現会長と母親代表,後列には,新会長(右側)と新副会長(左側),前列は新母代(左側)と新書記(右側)です。
24年度の会長,母代の皆さんは,楽しいPTA活動を支えて下さいました。本当にありがとうございました。まら,25年度の新役員の皆さん,どうか大府西中学校のPTA活動へのご支援をよろしくお願いします。


RIMG0006.jpg

今日は,現新の常任委員の方々にもお集まりいただき,新年度の活動計画を確認されました。

RIMG0010.jpg
生活部の皆さんです。

RIMG0007.jpg
厚生部の皆さんです。

RIMG0011.jpg
生活部の皆さんです。

PTA活動 | 10:24:45
3月8日 今日の給食(第188回)
ご飯,牛乳, すきやき風煮,和風コロッケ,じゃこ和え,プルーン でした。



給食 | 13:03:02
卒業式 | 16:05:42
卒業式 | 16:04:34
卒業式 | 15:48:39
卒業式2-受付と最後の学活-
受付では,昨日作ったコサージュが卒業生の胸に飾られます。





松本先生も気合いが入っています。



教室では,最後の学級活動が行われています。
合唱祭で歌った自由曲を,級友との「別れの歌」として歌っていました。






式場とはまた違った雰囲気で,級友との最後の別れの儀式をそれぞれの学級が行っていました。
「三年生の担任っていいな!」というのがこういうときの感情ですね。








卒業式 | 11:34:47
卒業式-式辞-
式  辞

 162名の卒業生の皆さん、ご卒業、おめでとうございます。
 先日、皆さんが編集した卒業文集を頂きました。一人一人読み進むうちに、皆さんがここまで成長していたのかと改めて気付かされました。

 「私は、部活を頑張ったことで、たくさんの仲間を得ることができました。一緒に曲を演奏し、いろんなことを乗り越えてきた友だちは、とても大切な存在です。」
 「自分には悔いがない。野球部で過ごした日々が楽しかった。しかも、野球部から学んだこともある。それは感謝の心です。」
 「少し勇気を出して立候補してみれば、多くのことを学べました。当選すれば新しい経験ができ、落選すれば何が自分に足りないのかを自覚することができるので立候補してよかったです。」
友だちと一緒に困難を乗り越えてきたこと、感謝の気もちを学んだこと、勇気があれば、失敗が人生の糧にもなることなど、自分の成長が書き綴られていました。私からの餞の言葉など霞んでしまうような心の成長記録でした。

DSC00964.jpg

 さて、大府西中学校の校歌に、「松林 たかむらわたる 風薫り 光あまねし」という歌詞があります。「たかむら」というのは竹やぶのことを言います。学校の周囲には竹やぶが広がっているで歌詞に生かされたのです。竹は、大変成長が早い植物です。約二ヶ月で20mにも達します。同じ高さになるのに、スギでは30年かかります。また、タケノコは、条件が揃うと一日に1mも伸びます。その急成長の秘密は、タケノコのすべての節と節の間が伸びるからなのです。しかし、成長するには栄養が必要です。タケノコは、葉がないので自分で栄養を作ることができません。どうやって大きくなるのでしょうか。実は、竹は、地下では他の竹とつながっており、タケノコの成長に必要な養分は、ほかの竹から供給されるのです。

 様々な挑戦や体験を通して、お互いに支え合って成長を続けてきた皆さんのことを、タケノコの成長に重ね合わせて読ませてもらいました。そして、皆さんがさらに成長するためには、もうここから巣立っていかなくてはいけないという気もちに整理をつけることができました。
 それでも、少しだけ寂しい気もちも残っています。いつも、声をかければ笑顔で振り返ってくれた君たちは、もういないのです。

 これから、義務教育とは異なる社会へと巣立つ皆さんですが、まだ、心配や不安もあると思います。でも、あきらめないで欲しいのです。何だってつかめるその手のひらでまだ何もつかむことができなくても、あきらめなければきっといつか大きな大きな何かをつかめるようになります。固く握ったその拳の中には、無限の可能性が詰まっていることを決して決して忘れないでください。
 終わりに当たり、保護者の皆様には、この三年間、本校の教育活動に絶大なご理解とご協力を賜りましたことに心から感謝申し上げます。
 また、本日ご列席のご来賓の方々におかれましては、引き続いての卒業生へのご指導と大府西中学校へのご支援ご協力をお願い申し上げ式辞といたします。

平成25年3月7日           
大府市立大府西中学校長 毛利 隆宏

※今日は,式辞中に押さえ込んでも押さえ込んでも湧き出てくる子どもたちや大府西中学校との惜別の情に負けてしまいました。

卒業式 | 11:31:01
式準備3
竹内先生と北濵先生が花台の始末をしています。





加藤先生と小西先生は、放送担当です。ここでも、配線の始末や音量調整など細かなチェックが続いています。



卒業式という晴れ舞台を成功させるために、仕込みや裏方の協力は欠かせません。
先生方は、こうした準備以外にも、毎日、授業の準備に大変な時間を費やしています。


卒業式 | 19:05:31
式準備2
学級代表の卒業生たちは、17時過ぎまで入念にリハーサルを行いました。一年生、二年生が一生懸命に式に参加しようとしています。だから、「自分たちも」という気持ちで臨んでいます。



学年主任の坂倉先生は、穏やかにじっくりと物事を進めるタイプです。卒業式に臨むに当たっても丁寧に指導をしていました。





坂倉先生と辻先生が改善点の確認を最後にしました。



卒業式 | 19:03:35
式場準備
式場も着々と準備されています。
白布をかけたり,赤じゅうたんを敷いたりします。








花屋さんも来てくださいました。



卒業式 | 15:38:09
コサージュ作り
卒業生の胸に飾られるコサージュは,一つ一つ生徒によって手作りされます。





卒業式 | 15:22:32
3月6日 今日の給食(第187回)
麦ご飯,牛乳,カレーライス,かみかみサラダ,ごまドレッシング,いちご 2こ でした。



給食 | 13:02:16
モザイク壁画
9th Grade Festa のおり,体育館に展示された壁画です。そのまま捨てるにはもったいないので,校長室にしばらく展示することにしました。多くのお客さんに見ていただけることになります。









卒業式 | 12:55:32
最後の学級活動
四限目,各学級が,思い思いの別れの準備をしていました。一年間の学級生活をビデオで振り返っていました。
このビデオ。担任さんたちは,ほぼ,徹夜状態で作ったようです。身体は大丈夫でしょうか。生徒のことを思う気持ちが,夢中にさせてしまうようです。








この作品は何だと思いますか。三年四組のある男子生徒が作っている思い出のアルバムです。明日に間に合わせるために彼も必死なんでしょうね。さて,このアルバムは,明日,お母さんの手元に渡ります。お母さん。楽しみにしていてください。相当な力作ですよ。



卒業式 | 12:41:23
卒業式総合練習2
三年生の担任の先生方は,本当に団結しあって頑張ってきました。
頼りになるお姉ちゃん役の内山先生,元気いっぱいの妹役の栄先生。



そして,毛利元就の「三本の矢の教え」のごとく,三人で協力しながら頑張ってきた息子のような三人。


栢先生,杉中先生,柳田先生。
「一本の矢では簡単に折れるが、三本束ねると容易に折れない。これからも三人共々結束して学校を守りなさい。」

s-三本の矢



卒業式 | 16:32:16
卒業式総合練習
心の準備は,80%くらいまではきたと思います。







卒業式 | 14:18:36
3月5日 今日の給食(第186回)
赤飯(ごま塩),牛乳,えびフライ・ひとくちカツ,かきたま汁,菜花の和え物,お祝いデザート でした。
三年生の人にとっては,義務教育最後の給食です。今日の献立を一生の思い出として,覚えておいてください。




お赤飯です。


クレープです。


給食 | 13:01:37
1,2年 卒業式練習
1,2年生の練習が行われました。体育館内に心地よい緊張感の中で響く歌声,生徒や先生方の「勝負」を前にした心意気を感じました。






空にひかる星を 君とかぞえた夜
あの日も 今日のような風が吹いていた
あれから いくつもの季節こえて 時を過ごし
それでも あの想いを ずっと忘れることはない
大切なものに 気づかないぼくがいた
今 胸の中にある あたたかい この気持ち

くじけそうな時は 涙をこらえて
あの日 歌っていた歌を思い出す
がんばれ 負けないで そんな声が聞こえてくる
ほんとに 強い気持ち やさしさを教えてくれた
いつか会えたなら ありがとうって言いたい
遠く離れてる君に がんばる ぼくがいると

大切なものに 気づかないぼくがいた
ひとりきりじゃないことを 君が教えてくれた
大切なものを



すばらしい歌声でした。松本先生の歌にかける情熱というか執念ともいえる感情を前にしたとき,迫力を感じました。きっと,すばらしい式になると思います。
もう一つ付け加えると,この歌を聴き,歌詞を読むと感じることがあります。人は,様々な別れに直面したとき,それまで心の中に押し込めていた本当の自分の心に初めて素直になれることがあるということを。
それは,三年生の人たちにも言えることだと思います。


卒業式 | 10:05:53
卒業式の練習が始まりました
気持ちは、50%ってとこですね。







練習中に緞帳の巻き上げ機が故障しました。急遽、修理業者にきてもらいました。本番中でなくて良かったですね。


卒業式 | 13:50:07
三年一組からの贈りもの
三年一組の生徒たちが、校長室を訪れました。どうしたのかと思ったら、一言メッセージを届けてくれたのです。
こんな手作りのメッセージ集を作ってくれて本当に感激しました。ありがとう。





こんなに元気いっぱいの子たちもいます。飛び跳ねたまま旅立つようです。

スナップ | 13:23:45
3月4日 今日の給食(第185回)
米粉パン,牛乳,ポークビーンズ,ポテトのチーズ焼き,アップルポンチ でした。



給食 | 13:00:02
今日の図書館



給食後、図書館では、図書委員さんたちが本の貸し出しを受け付けています。



面白い本が見つかったようです。
「名字」事典で同じ名字の多い地域やその云われが書かれているようです。



「校長先生の名字も調べてあげる」と半ば押し売りのように調べ始めてくれました。それによると、愛媛県に一番多いそうです。発祥は、現在の神奈川県、毛利荘(もうりしょう)だそうです。
思わぬところで、名字のルーツがわかりました。


スナップ | 21:40:47
バイキング給食4
イチゴの数え方を教えてあげます!
「いちこ,にこ,さんこ・・・?」わかりますか?
なんていう会話が飛び交っていました。

RIMG0027.jpg

RIMG0030.jpg

RIMG0026.jpg

皆さん,デザートのオレンジには,まだ,手をつけていないようです。
「お~い。このオレンジは誰のだ?」
「あっ。それ,おれんじ(俺んち)のミカンです!」
なんていう会話も飛び交っていたようです。

RIMG0025.jpg


給食 | 17:28:19
バイキング給食3
皆さん!食べる前に手を洗ったか?!
手を洗わないで食べる給食のことを”バイ菌グ給食(ばいきんぐ)”というんだ。!
今日は,バイキング給食ですよ!
では,いただきます。

RIMG0018.jpg

RIMG0021.jpg

RIMG0015.jpg

RIMG0038.jpg

RIMG0032.jpg


給食 | 17:00:14
前のページ 次のページ