■プロフィール

Obunishi.Jr.H.S

Author:Obunishi.Jr.H.S
田園風景の広がるのどかな場所にある学校です。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスカウンター

■リンク
■検索フォーム

福祉実践教室
201111171_convert.jpg

201111172_convert.jpg




23年度入学生 | 13:37:21
前半のことは忘れろ,後半新しいゲームが始まる
 新年明けましておめでとうございます。今年も,皆で力を合わせて頑張りましょう。
 さて,今日から三学期が始まります。そこで,「前半のことは忘れろ。後半,新しいゲームが始まる。」という言葉を紹介して始業式のお話にします。この言葉は,名古屋グランパスエイトのストイコビッチ監督がある試合のハーフタイムで選手を励ましたときの言葉です。ゲームというのは,いつもプラン通りに運ぶとは限りません。この言葉には,「うまくいったからといって,調子に乗って有頂天になるな。」という戒めの意味や「思うような結果が出なくてもあきらめてはいけない。自分の最高の力を全て出せ。」という励ましの意味があります。
 皆さんは,今日から始まる三学期に向けて,どんな目標を立てましたか。私は,皆さんがこれまでの様々な学習や行事の場面で全力を出して頑張っている姿を見てきました。その姿をこの三学期に出してください。自分自身の「新しいゲーム」が始まるのです。
 話しは変わりますが,今年度は,大府西中学校が開校してから40年が経つ節目の年です。そこで,昨年までの合唱祭を「創立40周年記念合唱祭」として開催することにしました。私は,この合唱祭を皆で祝い皆で感謝する会にしたいと思っています。今,各学級では,合唱祭に向けて,「自分たちの最高の力を全力で出そう」と意気込んでいますね。皆さんの学級の目標は,もちろん「最優秀賞」を勝ち取ることだと思います。しかし,私は,合唱祭に向けて学級が一つになって全力を出し切っていく様子を見たいと思っています。勝負にこだわれば,勝者は1クラスだけです。しかし,学級の団結に目を向けると,学級の数だけ団結が生まれているのです。勝敗を超えたところで,今までの団結を学級に所属する一人一人の人たちが感じたとき,自分自身の生き方にも勇気が湧いてくるのです。
 それは,これまでも,様々な行事で見せてきた皆さんの姿なのです。
 さあ,自分の最高の力を全て出してください。かけがえのない仲間たちとの「新しいゲーム」が始まります。



講話 | 20:11:46