■プロフィール

Obunishi.Jr.H.S

Author:Obunishi.Jr.H.S
田園風景の広がるのどかな場所にある学校です。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスカウンター

■リンク
■検索フォーム

自分でこんな人間だと思ってしまえば,それだけの人間にしかなれないのです
 「自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです」。これは,ヘレン・ケラー女史の言葉です。彼女は,病気によって重い障がいを背負わされながらも,サリバン先生との出会いを通して,様々な能力を開発し身に付けてきました。人々は,そんなヘレンを「奇跡の人」とよんでいます。皆さんも知っている通りです。障がいと闘うヘレンは,「自分でこんな人間だと思ってしまえば,それだけの人間にしかなれない」という強い思いを持ち続けて頑張っていたことと思います。
 さて,二学期の始業式では,「大きな樫の木も小さなドングリから育つ」という言葉を紹介しました。あのときのドングリは,すでに1mを越える高さにまで成長したものがあります。でも,中にはほとんど成長せず,まだ,10cm足らずのドングリもあるのです。同じ日に種を蒔いたのですがいろいろな条件が重なり,今,このような差が出てしまっているのです。私は,毎朝,このドングリに水をかけていますが,大きなドングリには,「大きく育ってくれてありがとう。でも,根をしっかり張ってよ。根が弱いといつかは枯れてしまうよ。」と声をかけています。小さなドングリには,「慌てなくてもいいよ。今は,しっかり根を張るときだよ。この冬の間に根を張っておけば,春になったらきっと新しい芽が出てくるよ。」と声をかけています。「いつまで経ってもこんな小さいままか」と考えてしまったら,私は,もうその苗を捨ててしまっています。
 皆さんには,きっと自分にも気づかないすばらしい能力が眠っています。眠っているはずです。友だちと自分を目先のことで比較して一喜一憂することは何の意味ももちません。今やるべきことから逃げないでください。自分のやるべきことから逃げてしまうことが一番恥ずかしいことなのです。自分と向き合って努力を続けるうちにきっと自分の能力が見えてきます。
 どうか,希望に満ちたすばらしい新年を迎えてください。


講話 | 20:23:14