■プロフィール

Obunishi.Jr.H.S

Author:Obunishi.Jr.H.S
田園風景の広がるのどかな場所にある学校です。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスカウンター

■リンク
■検索フォーム

卒業式 | 16:05:42
卒業式 | 16:04:34
卒業式 | 15:48:39
卒業式2-受付と最後の学活-
受付では,昨日作ったコサージュが卒業生の胸に飾られます。





松本先生も気合いが入っています。



教室では,最後の学級活動が行われています。
合唱祭で歌った自由曲を,級友との「別れの歌」として歌っていました。






式場とはまた違った雰囲気で,級友との最後の別れの儀式をそれぞれの学級が行っていました。
「三年生の担任っていいな!」というのがこういうときの感情ですね。








卒業式 | 11:34:47
卒業式-式辞-
式  辞

 162名の卒業生の皆さん、ご卒業、おめでとうございます。
 先日、皆さんが編集した卒業文集を頂きました。一人一人読み進むうちに、皆さんがここまで成長していたのかと改めて気付かされました。

 「私は、部活を頑張ったことで、たくさんの仲間を得ることができました。一緒に曲を演奏し、いろんなことを乗り越えてきた友だちは、とても大切な存在です。」
 「自分には悔いがない。野球部で過ごした日々が楽しかった。しかも、野球部から学んだこともある。それは感謝の心です。」
 「少し勇気を出して立候補してみれば、多くのことを学べました。当選すれば新しい経験ができ、落選すれば何が自分に足りないのかを自覚することができるので立候補してよかったです。」
友だちと一緒に困難を乗り越えてきたこと、感謝の気もちを学んだこと、勇気があれば、失敗が人生の糧にもなることなど、自分の成長が書き綴られていました。私からの餞の言葉など霞んでしまうような心の成長記録でした。

DSC00964.jpg

 さて、大府西中学校の校歌に、「松林 たかむらわたる 風薫り 光あまねし」という歌詞があります。「たかむら」というのは竹やぶのことを言います。学校の周囲には竹やぶが広がっているで歌詞に生かされたのです。竹は、大変成長が早い植物です。約二ヶ月で20mにも達します。同じ高さになるのに、スギでは30年かかります。また、タケノコは、条件が揃うと一日に1mも伸びます。その急成長の秘密は、タケノコのすべての節と節の間が伸びるからなのです。しかし、成長するには栄養が必要です。タケノコは、葉がないので自分で栄養を作ることができません。どうやって大きくなるのでしょうか。実は、竹は、地下では他の竹とつながっており、タケノコの成長に必要な養分は、ほかの竹から供給されるのです。

 様々な挑戦や体験を通して、お互いに支え合って成長を続けてきた皆さんのことを、タケノコの成長に重ね合わせて読ませてもらいました。そして、皆さんがさらに成長するためには、もうここから巣立っていかなくてはいけないという気もちに整理をつけることができました。
 それでも、少しだけ寂しい気もちも残っています。いつも、声をかければ笑顔で振り返ってくれた君たちは、もういないのです。

 これから、義務教育とは異なる社会へと巣立つ皆さんですが、まだ、心配や不安もあると思います。でも、あきらめないで欲しいのです。何だってつかめるその手のひらでまだ何もつかむことができなくても、あきらめなければきっといつか大きな大きな何かをつかめるようになります。固く握ったその拳の中には、無限の可能性が詰まっていることを決して決して忘れないでください。
 終わりに当たり、保護者の皆様には、この三年間、本校の教育活動に絶大なご理解とご協力を賜りましたことに心から感謝申し上げます。
 また、本日ご列席のご来賓の方々におかれましては、引き続いての卒業生へのご指導と大府西中学校へのご支援ご協力をお願い申し上げ式辞といたします。

平成25年3月7日           
大府市立大府西中学校長 毛利 隆宏

※今日は,式辞中に押さえ込んでも押さえ込んでも湧き出てくる子どもたちや大府西中学校との惜別の情に負けてしまいました。

卒業式 | 11:31:01
次のページ